Seattle is No Place for Hate

シアトルでは偏見とヘイトは絶対に許されません

シアトルは、市の歴史の中でも最も重大な出来事の1つであるCOVID-19パンデミックを経験しています。私たちのコミュニティは、この危機に対して素早く立ちあがり、熱心に対処してきました。私たちは互いを見守り、協力し合うことで、感染拡大カーブを緩やかにし、重症化しやすい弱い立場にある人々と、このパンデミックに対して最前線で戦う人々を保護しています。

しかし、このようなストレスの多い時期には、恐怖心や不安感から、ヘイト行為や外国人嫌悪につながる可能性があります。 COVID-19危機は、私たちの市内に住むピープル・オブ・カラー(非白人系マイノリティー)、移民、難民のコミュニティに対する反移民感情、人種差別、および外国人嫌悪の急増をもたらしました。私たちのコミュニティメンバーから、物的損害、破壊行為、身体的および言葉による脅威、またその他の形のヘイト行為が報告されています。これらの憎しみに満ちた行為は、互いをサポートするために結束する必要がある時に、互いを引き離してしまいます。私たちはこの危機に一緒に立ち向かっている状況におり、互いを見守らなければなりません。

私たちは、もっと優れているはずです。市として我々は結束し、ウィルスについてやその感染経路についての事実にフォーカスして伝えていくべきで、我々のコミュニティを良く保ち、弱い立場にある人々のニーズをサポートしていくべき時です。

偏見行為を経験または目撃した場合は、シアトル公民権局(Seattle Office for Civil Rights)のアンチバイアス(反偏見)ホットライン(206-233-7100)に報告してください。   seattle.gov/reportbias  からオンラインで報告することもできます。報告は簡単で、匿名で行うことができます。

偏見と闘うために最も必要なものは、結束と強さであることは言うまでもありません。今日、そしてこれから毎日、シアトル市 は、ヘイトと暴力への呼びかけを非難し、それらが支配することを拒否します。 #SeattleTogether キャンペーンの一環として、私たちは、反アジア人ヘイトと偏見を非難し、移民、難民、およびピープル・オブ・カラー (非白人系マイノリティー住民)への強いサポートを示し、市のバイアス・レポーティング(偏見報告)ホットラインに人々を誘導する新たな取り組みを開始しています。

市と一緒に、このキャンペーンを周囲の人々と共有し、参加して下さい。#SeattleTogetherのソーシャルメディアで、結束を共有し、偏見を拒否しましょう。一人では、少数の人々にしか届きません。一緒に協力することで、シアトルのすべての人にメッセージを届けることができます。 コミュニティと世界に 、シアトルでは偏見とヘイトは絶対に許されないことを示しましょう。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7